上級者同伴で

written by GRtou7uK

バイクを購入したりレンタルしたりすると、ツーリングに出かけたくなるものです。
しかし初心者がいきなり単独でツーリングに出かけることは、オススメできません。

なぜでしょうか。

ツーリングはライダーにとって至福の時間ともいえます。
しかし同時に、ライダーにとって難しい問題が起きる可能性も低くないのです。

例えば遠くの山道で、バイクの調子がおかしくなったら対処できますか。
単独で事故を起こしてしまった場合は、どうすれば良いのでしょうか。

こうした可能性を考えると初めてのツーリングは、
頼れる上級者と同伴で行くことが望ましいでしょう。

この場合の上級者とは、バイクに関する知識の上級者ではありません。
ツーリングの上級者、ということです。

ツーリングの上級者は、どのような経路でルートを設定すると
ツーリングを楽しめるかのノウハウを持っているはずです。

また万が一、バイクのトラブルを起こしてしまった場合の対処法も知っていることでしょう。
もちろん上級者を含め複数のライダーが同伴していれば、
事故を起こしてしまった場合の安心感も違ってくるはずです。

周りに上級者がいないときは

とはいえ周囲にツーリング上級者の知り合いがいない場合もあるでしょう。

ツーリング上級者の知り合いがいない場合は、
ツーリングサークルやツーリングクラブに登録すると良いでしょう。

ツーリングサークルの主催するツーリングイベントでは、
サポートメンバーと呼ばれるスタッフが初心者にアドバイスをしてくれる場合が少なくありません。

また大規模なツーリングイベントの場合には、初心者のメンバーは車列の前方に配置されます。
このため自分のペースで無理なくツーリングを楽しむことが可能です。

初心者だから、と気後れするかもしれませんが、是非参加してみてください。
初心者の数も結構多いことに気づかれると思います。

ツーリングイベントのメリット

ツーリングイベントに参加することには、別のメリットも有ります。

それはツーリング仲間が増えることです。

一言でツーリングといっても、
海岸線を走りたいライダーもいますし、峠道を攻めたいライダーもいます。
都会を疾走したいライダーもいますし、田舎道をのんびりツーリングしたいライダーもいます。
自分と同じ感性を持つライダーとの出会いが、ツーリングイベントの魅力といえます。

またこうした出会いを通して、ツーリングだけでなく
バイクについての知識も深くなって行くものです。

周囲にツーリング上級者がいない場合は、
ツーリングサークルやツーリングイベントなどを積極的に活用していきましょう。