運転中に「もしも」があったら

written by GRtou7uK

ツーリングをしていると、思わぬ事故や故障などのトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。
自分で対応可能な範囲であればすぐに対応してツーリングを続けることができますが、もし故障車の回収をお願いしなければいけないなどの大きなトラブルに見舞われた時には、ロードサービスを利用することになります。
しかしロードサービスと言ってもいろいろありますから、どのサービスを利用したらよいかわからないという状況に陥ってしまう人もツーリング歴が浅い人や前調べをしていない人には多いのです。

まず利用できるロードサービスとして、自分が加入している任意保険のロードサービスです。
自動車関連の任意保険では、ロードサービスを行ってくれている会社もあります。
もし自分が加入している保険でロードサービスを行っているのであれば、そこに電話をしてお願いをするようにしましょう。
こうした時のために、保険を契約した会社のロードサービスへの窓口番号を持ち歩いておくと良いでしょう。

また運転をする人であればほぼ誰でも知っていると言っても過言ではない、日本自動車連盟(通称JAF)にお願いするという手もあります。
JAFに加入していることが条件ですが、全国的に対応を行ってくれるのでどこに出かけていても安心です。
また夜中遅くや雪の中など時間や天候があまり良くない時であっても迅速な対応をしてくれます。
常に出動できる体制を作っていますので、迅速な対応をしてもらうことが可能なのです。

また日本ロードサービス株式会社も大手のロードサービス会社ですね。
通称JRSの名称で呼ばれており、JAF同様多くの人に利用されています。
高速道路上でのトラブルにもしっかり対応してくれて、アフターサービスも充実しています。
全国に拠点を構えており、そのどこからでも出動ができるような体制を整えています。
ロードサービスの料金も全国で統一されているので、どこにいても安心してお願いすることが可能です。

他にもロードサービスの会社は様々ありますが、やはり自分が既に契約を結んでいるところであったり有名なところのほうが安心してお願いできるでしょう。
もしツーリングの移動中に故障や事故、トラブルなどがあってもこうしたロードサービスを呼んですぐに解決することで、大きな傷を残さずに終わらせることも可能なのです。
何かあった時のためにも、ぜひロードサービス会社を覚えておくようにしましょう。