バイク用品メーカー

22nd 7月
2017
written by GRtou7uK

アグラスのテーマ

1991年和歌山県にアグラスを設立します。
実用パーツとカスタムパーツを多く開発されています。

「ただ美しいだけでは自慢にならない…」
「我々企業理念はこのテーマに込められております。」
「それは時代が変わり、時が過ぎようとも変わることはありません。」
アグラスはこう語っています。

高性能と高品質をモットーにしているアグラスは、数えきれない挫折や失敗、創造と探求を妥協なく拘りぬいています。

THE AGGRESSIVE RACING SUPPORT

大きなテーマがあれば、様々なトラブルが出てくるものです。
アグラスはそんな時、失敗を恐れず、常にアグレッシブにチャレンジを続けると命令されています。
それがTHE AGGRESSIVE RACING SUPPORTです。

頭文字をとったのがアグラスの由来です。
様々なレースで好成績を残しているアグラスですが、それがゴールではなく今も進化を続けているのです。

デザイン性もよくライダーの事を考えられた商品

スポーツタイプのバイクを乗っている方はステップをバックステップに交換する方がいると思います。
デザインを考えた肉抜き加工と、高強度を考えたジュラルミンを素材に構成されています。

また、ペダル軸受には高精度ベアリングを二個使用し、ガタが一切ないペダルになっています。
削りだしで、バフ加工にアルマイト仕上げをする拘りも持っています。
車種によって違いはありますが、2~6種類のポジションを変更できるようになっています。
また、ステップバーも注文時に3種類から選ぶ事ができ、好みに合った物を取り付けられるのも小さな事ですが嬉しいオプションです。

エンジンスライダーにも拘りがみられます。
シンプルな物もそれはそれでいいと思いますが、アグラスのスライダーはデザイン性があります。
エンジンを守るのは当たり前ですが、材質・取り付け方法・重量等を考えられています。
付けるだけで守られるだけではなく、同時にカスタムもできるのです。

守る商品だけでなく、リアスタンドフックも販売しています。
バイクをメンテナンスする時に、センタースタンドが付いていないバイクも多くあると思います。
特にスポーツタイプやアメリカンタイプは多いかと思います。

スイングアームに当ててリフトアップするのが一般的だと思うのですが、リアスタンドフックを取り付ければリアキャリパーの位置を気にせず、安全にリフトアップできます。
また、ラジエターコアボード等の他ではありそうでない商品も扱っていますので、商品カタログを見ているだけでもワクワクしてきます。

適合車種もかなりあり、自分のバイクに合う商品がすぐ見つかると思います。
ホームページに最新のカタログがデータで掲載されています。
パーツ検索も簡単で、車種を絞り込んで探す事ができるのですぐに欲しい商品が見つかります。

現在も色々な車種の開発をされているそうで、他では出ていない部分のパーツが今後出てくる可能性があると思います。
また、アグラスではアルミパーツをカラーオーダーする事も可能です。
バイクのフレームや車体等に合わせてパーツをアルマイト加工するサービスもあります。

自分だけのオリジナルバイクにカスタムしてはいかがでしょうか。

アグラス はコメントを受け付けていません。
Previous
  • You are currently browsing the archives for the バイク用品メーカー category.