前日のチェックを欠かさずに

written by GRtou7uK

ツーリング前日は事前チェックを欠かさずに行いましょう。
これは初心者だけでなく、上級者にも必須といえます。

ルート確認

まず確認すべきなのは、目的地までのルートです。
しかし目的地までのルートチェックは、ただ曲がるべき交差点を調べるというものではありません。

必須といえるのは、給油すべきガソリンスタンドのチェックです。
初心者ライダーであっても、自分のバイクの燃費くらいは分かるはずです。

その燃費から計算すれば、給油すべきガソリンスタンドの位置が分かるはずです。
もちろんガス欠ギリギリまで走らないようにすることが重要です。

参考サイト:ガソリンスタンド一覧|NAVITIME

危険箇所、渋滞箇所

ガソリンスタンドと同様、危険箇所や渋滞箇所も前日にチェックしておきましょう。

魔の交差点と呼ばれる、死亡事故率が高い交差点を
紹介しているサイトを活用するのも良いでしょう。
より安全にツーリングを計画できるはずです。

また渋滞予測サイトも活用しましょう。
渋滞するとイライラし、楽しいツーリングどころではなくなります。

渋滞する時間帯はたいてい決まっていますので、
その時間を避ける事によってツーリングは一層快適になるはずです。

荷物のチェック

前日には荷物や装備品のチェックも欠かせません。
特にヘルメット、プロテクター、ウェア、グローブなどは必ず入念にチェックすることが重要です。
これらはライダーの体を保護する重要な装備だからです。

ヘルメットにヒビ割れはないですか。
特にシールドの可動部分は入念にチェックして下さい。

プロテクターに割れはありませんか。
グローブやウェアに穴やほつれはありませんか。
装備品は当日の朝に入手することは困難ですから、必ず事前にチェックしましょう。

バイクのチェック

言うまでもないことですが、バイクのチェックは欠かさずに実施する必要があります。

まず燃料は満タンですか。
当日の朝、給油する必要がないようにしたいものです。

オイルは交換しましたか。
最近交換したのでなければ、オイルの量と汚れ具合は必ずチェックしておきましょう。

タイヤやホイールはどうですか。
タイヤは溝がありますか。
ひび割れがありませんか。

ツーリング中にパンクすると、楽しさが半減します。
必ず確認しましょう。

チェーンやエンジンに異常はありませんか。
しばらくバイクに乗っていないケースも有るかと思います。
必ずエンジンをかけて、異音がないか、オイル漏れがないかチェックしましょう。

ブレーキやクラッチは適度な遊びの量があるでしょうか。
最後に灯火とバッテリーを確認しましょう。

バイクのチェックはそれほど時間がかからないにもかかわらず、意外に上級者も怠りがちです。
初心者のころから、しっかりチェックするクセをつけてください。