雨具に金をかけよ

written by GRtou7uK

バイクを運転する上で避ける事ができないのが、雨の日の運転です。
自転車同様、屋根がなくドライバー本人が雨ざらしになってしまう構造であり、
更にそのスピードなどがあるため雨の中を走ると自転車以上に雨が強く降り掛かってくるのです。
そのためバイクを運転する際には雨具は必ず用意しておく必要があります。
 

そしてその雨具にはできるだけお金をかけることが望ましいです。
雨具が半端なものだったり粗悪品だったりすると、せっかく雨具を装備しても
雨から身を守ることができなかったりする可能性もあるのです。
 

せっかくツーリングに出かけるのに、
雨具をちゃんと用意しなかったせいで台無しになってしまったら残念ですよね。
そうしたことにならないためにも、ぜひ雨具はしっかりとしたものを購入することをおすすめします。
 

雨具を購入するなら、上下セットになっているものを選ぶようにしましょう。
上下セットになっていれば、上はもちろんのこと、足元までも守ることが可能です。
初めてバイクに乗る人の場合、上の雨具ばかり購入してしまい、
肝心の下半身分の雨具を購入しないでいてしまうというケースがあります。
 

バイクに乗っていると当然傘はさせませんし、屋根もかかっていませんから、
下半身にも雨が降りかかってきます。しかし初めてバイクに乗る人の場合そこまで意識が至らず、
普段雨具として購入するような上着的なものを購入して終わりになってしまうことが多いのです。
 

しかしバイクに乗る際の雨具は下半身が濡れないようにするための雨具が必要なのです。
中でも特に、足首や手首部分が絞れるようになっているものがオススメです。
手首や足首を絞ることができると、そこから雨水が侵入してくるのを最小限に防ぐことが可能です。
 

手足部分が開いていると、ハンドルを握っている手の部分はかなり雨が入ってきやすく、
また簡単に整え直すことができる部分でもありません。
 

なので最初から雨水が入ってこないようにすることで、雨の中でも快適に運転することが可能です。
雨具を購入するときは、大きめのものを購入するようにしましょう。
 

最初から雨具を着ていく際には特に気にしなくても問題ありませんが、
出かける時には晴れていたのに移動中で急に雨が降ってきたという場合など、
ライターズジャケットなどのがっちりした服の上に着ることを考えると
ぴったりサイズでは着られないということも考えられます。
 

また雨具は乾かす必要があるので、いくつか購入しておくと
梅雨など雨が多い時期にも安心してバイクで出かけることができるでしょう。